平屋なら平屋専門店「平屋セレクト」|平屋専門店なら岐阜市・瑞穂市で平屋が550万円~!

BLOGスタッフブログ

2022/1/18

【キッチン編】IHクッキングヒーターっていいの!?😲

 

こんにちは!

 

岐阜県の住宅会社、

平屋専門店平屋セレクトの三田です。

 

 

マイホームをご検討の方で、

キッチンの設備に関して

お悩みの方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。

 

お客様から

「IHクッキングヒーターと

ガスはどっちが良いの?」

 

 

お客様に、このご質問を

頂くことが非常に多いです。

 

 

各種メーカーも力を入れていて、

その種類も大変豊富ですので

悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

IHクッキングヒーターですが、

見た目がスタイリッシュで

お洒落なだけではなく、

様々なメリットがあるんです。

 

 

そこで、本日は

IHクッキングヒーターの

メリットとデメリットに着目して

ご説明していきたいと思います!☺

 

 

<IHのメリット1>

安全性が高い

 

まずは何と言っても安全性が高いです。

 

IHクッキングヒーターは
もちろん火を使わないため、
火災のリスクが少なくなる
ことが分かると思います。
衣類や食料品の包装紙に
火がつくこともないので、
立ち消えの心配もありません。

大きなやけどにつながる危険性は、

ガスコンロと比べ、

格段に少ないと言えます。

 

また、ガスコンロは

つまみを微妙に動かして

火力を調節するのに対し、

IHクッキングヒーターはボタンで調節します。

 

視線を火に近づけて調整をしないので、

火を確認する際に髪の毛に引火した

などといった心配がなくなると言えます。

 

 


 

〈IHのメリット2>

 

手入れが楽

 

<IHのメリット2>手入れが楽
もしかしたらこれを最大の利点だと
考えている主婦の方も多いかと思います。
ガスコンロ特有のやっかいで
時間のかかる清掃の手間が、
IHクッキングヒーターではなくなります。
平らな状態ですので
布巾一つで清掃が可能です。
よってこれは毎日清潔に保てる
ということにつながり、
菌を気にする方、
あるいは突然の来客者の目を気にする方には

まさにぴったりのコンロと言えます。

 

また清潔に保てるということは、

古臭くなりにくい、
ということに直結するため、
限りなく新鮮なキッチンの状態を
保持できると断言できます。
また水蒸気と油が結合して
生じるベタベタとした汚れが激減します。
———————————————

<IHのデメリット1>

調理器具に制限があること

 

 

フライパンや鍋はIH対応のものを
使わなければならないことです。
以前にガスコンロを使っていた場合は
今までの調理器具が
IHでは使えない事があります。
誘導加熱で鍋本体を発熱させるため、
使用できる調理器具が限られるのです。
(鍋・フライパン・やかん)

○使用できる鍋

→ 鉄、鉄鋳物、鉄ホーロー、ステンレス

(一層鍋で底に磁石がつくもの)

 

○使用できない鍋
→ 多層鍋(鍋底に磁石がつかないもの)、
銅やアルミなどの非磁性金属鍋、
耐熱ガラス、土鍋、セラミック

<IHのデメリット2>

微妙な火力調整が難しいこと

 

ボタン一つで火力の調整ができることは
安全性においても、また省エネにおいても
メリットと言い切れます。

ですが、いざIHクッキングヒーターで

調理をしてみれば分かるのですが、
火が目に見えないということは
ネックにも感じます。
つまり微妙な火加減が難しい
ということです。
火の強さを見て調理することに
慣れるまで時間がかかることが

推測できます。

 

慣れれば、ガスコンロ同様に、
使用できることと思います。

いかがでしたでしょうか。
一概にどちらがいいということではなく、
お客様の用途に合った
設備を選んでくださいね!!
本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました!!